銀行と消費者金融で違うキャッシングの金利|学生お金を借りるナビ

MENU

銀行と消費者金融で違うキャッシングの金利

指を立てる男性

金融機関でキャッシングをする時は、銀行か消費者金融のどちらかを選ぶことになります。

 

しかしこの両者は、どのような違いがあるのでしょうか。

 

まず銀行ですが、審査基準がかなり厳しいため、正社員や公務員のように、安定した収入のある人にお勧めです。
その代わり、金利は低めで、最高でも15パーセントを超えることはまずありません。

 

一方で消費者金融は、審査基準が緩く、アルバイトとかパートの人でも大丈夫ですが、金利が20パーセントと高めになります。
一般に、消費者金融の方が、金利は高めですが、誰でも借りることができるので万人向けといえます。

 

また、総量規制のあるなしも両者の違いです。

 

この総量規制は、借り過ぎや多重債務の防止のため、申込者の年収の、3分の1に相当する金額を借り入れ限度額とするものです。
年収が600万円の人の場合は、200万円が限度額となります。

 

これは、すべての消費者金融の借入に適用されますので、
もし複数の消費者金融からキャッシングをしていて、新たにお金を借りようとしても、借入総額が200万円を超えた場合は、融資をしてもらえません。

 

ですから、申込の時点で、既に他社から借入がある場合は、総量規制に抵触しない金額を借り入れるようにしましょう。

 

もし限度額を超えてしまった場合は、総量規制対象外の会社を利用するのがお勧めです。

 

また、銀行は総量規制が存在しませんので、上限50万円程度の銀行カードローンに申し込むという方法もあります。